新羅九州

統一新羅的九州是新羅也模仿中原的九州制度

新羅九州

在唐朝幫助新羅滅亡高句麗和百濟後,新羅也模仿中原的九州制度,認為「始備九州」,仿照唐朝,建立起自己的新羅九州和五嶽。

統一新羅的九州為: 良州 尚州 康州 熊州 全州 武州 漢州 朔州 溟州。

統一新羅的九州仍然為古代新羅王國首都金城,今大韓民國慶尚北道慶州市(朝鮮語:경주시),地處當時的尚州;古代百濟王國首都泗沘地處當時的熊州;而高句麗王國的首都平壤剛開始不在新羅九州之列。

統一新羅的五嶽為: 吐含山(土含山)為東嶽、雞龍山(界龍山)為西嶽,地理山(支離山)為南嶽、妙香山為北嶽(但不在新羅國境內)、八公山(父岳)為中嶽。

舊領 創設時點 九州完成時點(687年) 景德王
改稱(757年)
備考、異稱、移転(州治)
州名 州治的現在地名 創設年 州名 州治的現在地名
新羅 上州 慶尚北道尚州市 525年 沙伐州 慶尚北道尚州市 尚州 甘文州(金泉市)、一善州(龜尾市
下州 慶尚南道昌寧郡 555年 歃良州 慶尚南道梁山市 良州 比斯伐州、大耶州(陝川郡)、押督州(慶山市
居烈州[1] 慶尚南道居昌郡 685年 菁州 慶尚南道晉州市 康州 居昌郡早在信史前已有人居住,當時是三韓中的居陀國,後來成為了伽耶的一部份。685年、居烈州由菁州分割設置。
百済 所夫里州 忠清南道扶餘郡 671年 熊川州 忠清南道公州市 熊州 西元538年,百濟聖王將都城自熊津(今公州市)遷移至泗沘,即今日的扶餘郡。扶餘做為百濟首都,至660年新羅唐朝聯軍滅百濟,統一新羅時期設扶餘縣。[2]
發羅州 全羅南道羅州市 671年?[3] 武珍州 光州廣域市 武州 古代百濟時代光州地區屬於武珍郡,686年,武珍郡升格為武珍州。[2]
完山州 全羅北道全州市 685年 完山州 全羅北道全州市 全州 全州的歷史始於百濟時期的完山。685年:新羅設置完山州。 757年, 改稱全州[4]
高句麗 悉直州 江原道三陟市 505年 河西州 江原道江陵市 溟州 何瑟羅州[5]
新州 京畿道廣州市 553年 漢山州 京畿道廣州市 漢州 南川州(利川市)
比列忽州 江原道安邊郡 556年 首若州[6] 江原道春川市 朔州 達忽州(高城郡)、牛首州
設置時の小京名
(かっこ內は景徳王による改稱)
設置年次 元の地名 現在の地名 所屬州
國原小京(中原京) 557年(真興王18年) 高句麗:國原城 忠清北道忠州市 漢州
北原小京(北原京) 678年(文武王18年) 高句麗:平原城 江原道原州市 朔州
金官小京(金海京) 680年(文武王20年) 金官郡(金官伽耶國都) 慶尚南道金海市 良州
西原小京(西原京) 685年(神文王5年) 百済:娘臂城 忠清北道清州市 熊州
南原小京(南原小京[7] 685年(神文王5年) 百済:古龍郡 全羅北道南原市 全州

參見

注釋

  1. ^ 菁州は神文王5年に既存の州から分割設置されたことについて、『三國史記』新羅本紀・神文王紀では「居烈州」からの分割とし、同・地理志・康州條には、「居陁州」からの分割とする。
  2. ^ 2.0 2.1 『三國史記』新羅本紀・神文王6年2月條
  3. ^ 百済故地に対する所夫里州の設置とほぼ同年のことと考えられている。(→井上1972)
  4. ^ 『三國史記』36・地理志・全州條は、完山州の設置を真興王16年(555年)とし、同26年(565年)にいったん廃止、神文王5年(685年)に再設置したとするが、対応する真興王本紀の記事には州治を比斯伐(慶尚南道昌寧郡)としていたり、6世紀中頃には全羅道は未だ百済の支配下にあるために、は下州の誤りであると考えられている。(→井上1980)
  5. ^ 『三國史記』35・地理志・溟州條には、溟州はもとは高句麗の河西良であり、分注には何瑟羅とある。新羅本紀や異斯夫伝の本文には何瑟羅州の名で現れる。
  6. ^ 元の比列忽州、後の朔州に相當する州の687年時點の名稱について、井上1972は牛首州とするが武田2000により首若州とする。なお、『三國史記』35・地理志・朔州條では朔州の由來を、本文は善徳女王6年(637年)に設置した牛首州とし、分注は文武王13年(673年)に設置した首若州とする。同書・新羅本紀では、善徳女王・文武王の本紀記事には州の改稱についての直接的な記事は見られず、景徳王の本紀における地名改稱記事(景徳王16年(757年)12月條)では、首若州を朔州としたとしている。
  7. ^ 景徳王によって改めて南原小京と改稱されたわけではない。他の小京は『三國史記』地理志の各條に改稱記事が見られるが、南原小京のみ改稱の記事が見られない。